観光・アクティビティ

木曽地域は日本遺産に認定されています

中山道鳥居峠

(日本遺産構成文化財)

 木曽街道薮原宿と奈良井宿を結ぶ日本遺産の鳥居峠は、中山道屈指の難所と言われました。石畳の古道や、道端には芭蕉をはじめとする俳人・歌人の石仏等が数多く建ち、途中に日本遺産構成文化財の栃木群(子産みの栃)もあります。

(年中通行は可能ですが、11月中旬頃~4月中旬頃迄の期間は、休憩所(便所)は閉所しています。)

 令和4年4月20日:休憩所(便所)は開所されました。

  

木曽川源流ガイド・鳥居峠越えトレッキング(薮原宿内ガイド)の申込みはこちらより (4月中旬頃~11月中旬頃まで)

 

水木沢天然林

(日本遺産構成文化財)

 木曽川源流域に広がる、針葉樹と紅葉樹が混交した大変貴重な天然林。3種のトレッキングコースがあります。原始の森コースの樹齢約550年の大サワラや、太古の森コースの巨大ひのきは圧巻です。

原始の森・太古の森コースが入林可能となりました

 (源頭の森コースは5月中旬頃オープン予定です)

木曽川源流ガイド・水木沢天然林トレッキング(4下旬頃~11月下旬頃迄)の申込みはこちらより

薮原宿

 

 古くは中山道の難所、鳥居峠越えの休養所としてにぎわい。土産の品としてお六櫛が人気をはくし全国に広がりました。

 現在も所々に昔の建物や史跡が残ります。

 

木曽川源流ガイド・薮原宿のみのガイドもあります。お申込みはこちらより


縁結神社

 日本で唯一縁結びの名を冠する神社。昔出雲の国よりご神体が運ばれこの地に鎮座したといわれており、恋愛成就はもとより様々なご縁を求めて参拝者が訪れています。

 

木曽川源流ガイド・縁結神社ガイドの申込みはこちらより

お六櫛の技法

(日本遺産構成文化財)

 希少なミネバリの木(別名オノオレカンバ)を使い手のひら程度の幅に100近くの歯を挽く匠の技は長野県伝統的工芸に指定されています。

 

お六櫛の体験・見学はこちらより

やぶはら高原こだまの森

 高原に広がる大自然の遊び場。巨大迷路、マレットゴルフ、おもしろ自転車、渓流釣り、などなど家族で楽しめる施設がいっぱいです。コテージやテントサイト等宿泊ツールも充実、夜には満天の星空が!

 Eバイクツーリング・カヌー体験を開催します。

2022オープン期間:4月29日(祝)~10月30日(日)

詳しくは「やぶはら高原こだまの森HP」まで

味噌川ダム(奥木曽湖)

 多目的ダムとして日本で2番目に標高が高いダム。周りにはカヌー体験(5月~10月末頃)も楽しめる正沢親水公園、ダムや木祖村の全景が展望できる柳沢尾根公園、味噌川ダム防災資料館(12月頃~4月頃までは閉館)があり誰もが水の故郷に親しめます。

 

カヌー体験の受付は

「やぶはら高原こだまの森HP」まで

農業体験

種まきしたり、収穫したり、その時期に合わせて内容がかわります。(7月~10月頃)

 

詳細のお問い合わせは「農業収穫体験お問合せフォーム」よりお願いいたします。

やぶはら高原スキー場

 自然の地形を生かし変化に富んだ12コース、国道19号線より車で10分の高アクセス、場内にはその日の気分で撰べる7つのレストハウス。90周年を越えた老舗スキー場ならではの、雪質とゲレンデメイクをほこる。100周年に向けてのカウントダウンで、様々な催しを開催予定です。

(12月中旬~3月下旬オープン)

詳しくは「やぶはら高原スキー場HP」まで